防災対策

ピクトグラム?避難の際にはとても重要!

防災ゴリライター
防災ゴリライター
ゴリ子ちゃん、ピクトグラムって知っている?
ゴリ子
ゴリ子
えっ、ピクトグラム…って何?
防災ゴリライター
防災ゴリライター
ピクトグラムは絵文字や絵単語と呼ばれ、知ってほしい情報や注意を単純化したサインのことだよ。例えば、下のピクトグラムはよく見かけるよね?
ゴリ子
ゴリ子
うん、見かける!右に行けば非常口があるってことね
防災ゴリライター
防災ゴリライター
そのとおり。街中にはピクトグラムで溢れてるんだ。今日は、災害に関連するピクトグラムについて知っておこう。

災害の種別ごとに整理されたピクトグラム

平成28年3月22日、内閣府と消防庁によって、避難場所を誘導するピクトグラムがどの災害に対応しているか、誰にでもわかるように日本全国で同じ表示にするために標準化することが制定されました。

また、ピクトグラムの標準化の狙いは、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会への対応を見据えてのことです。日本人だけでなく、海外の方にも、どの災害が起こった場合にはどこに避難してよいか、目で見てわかるように配慮することを目指しています。

さて、標準化された災害種別ごとのピクトグラムは、下の表にまとめています。

図表の引用:内閣府防災情報のページ、避難場所等の図記号の標準化の取組 

災害種別を表すピクトグラムは、「洪水及び内水氾濫」、「崖崩れ・地滑り」、「土石流」、「高潮及び津波」、「大規模な火事」の5種類に標準化されています。これらの災害種別は、以下の観点から整理されています。

  • 「洪水」と「内水氾濫」は、避難方法が類似であるため共通化
  • 「崖崩れ、地滑り」と「土石流」は事象が異なるため分けて制定
  • 「高潮」は既にある「津波」と避難方法が類似であるため共通化

災害種別の中で、地震と火山噴火がありませんが、これらは、以下のように考えて整理されています。

  • 「地震」は、起きる事象(例「津波」、「大規模な火事」など)でカバー
  • 「火山」は、シェルターなどに避難するため、それらの周知を図るとして整理。

地震という自然現象は、津波による高波、地滑り、火事といった複数の災害を引き起こすため、1つのピクトグラムだけで表現することは難しいですよね。

災害種別に対応した避難場所を明確化

例えば、地震では公園や学校のグランドに避難、津波では高台に避難といったように、自然現象によって引き起こされる災害に応じて避難場所が異なります。そこで、災害種別に対応した避難場所を明確にする必要があります。

図表の引用:内閣府防災情報のページ、避難場所等の図記号の標準化の取組

避難場所がどの災害に対応しているかのとてもわかりやすく表示されていますね。海岸付近にお住まいの方は、津波に対する避難場所のピクトグラムをよく見かけるのでないでしょうか(私も宮城県仙台市や神奈川県箱根市に訪れた際には見かけました)。

避難場所と避難所は目的が違うので注意を!

ここで注意してもらいたいのが、避難場所と避難所です。この違い、分かりますか?

避難場所は、災害時に危険から避難者の生命を保護するために必要な面積を有する、大規模公園や広場などのオープンスペース(開けた場所)のことです。一方、避難所は、災害によって住宅が倒壊し、行き場がなくなってしまった方々を一時的に受け入れるところです。また、災害に関する情報や被災されたかたに物資などを提供します。

例えば、避難場所と避難所を同時に担うことができるところは学校ですよね。

お住まいや職場の近くの避難場所や避難所がどこにあるのか、どの災害に対応しているかを
確認することは大切です。「この災害のときはここに避難!」と冷静に避難ができるように事前に調べておきましょう!