防災対策

室内の防災対策って何?

この記事では、地震に備えた室内の防災対策について説明します。

消防庁によると、地震によるケガの約30〜50%は、タンスや照明などの家具類の転倒・移動・落下などが主な原因です。窓ガラスが割れてケガをすることもあります。何も対策していない状態だと、震度5弱であれば家具類の転倒などが起こり始めます。ケガをするリスクをなるべく抑えるには室内の防災対策はどうしたらよいのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

最も効果的な対策!

なるべく部屋に物を置かないこと。これが最も効果的な対策があります…笑。当たり前ですが、転倒の原因を取り除けばリスクそのものがなくなります。生活する空間に家具類を多く置かない、背の低いタンスや本棚を置くように心がけましょう。まずは、室内のレイアウトを見直すことから始めましょう。

必要に応じて固定器具で対策!

部屋に物を置かないことは、防災の観点からは理想です。しかし、アパートやマンションを借りている人は、賃貸のため、固定して壁穴を開けると退去時に管理会社から修繕費を請求される場合があります(契約書を要確認)。一方、自宅がある方もひとたび家具を固定してしまうと、模様替えのときに苦労したり、壁穴で景観が損なってしまってはショック!

計画的にそして必要に応じて固定器具による対策を行いましょう。以下に、主な固定器具を例示していますのでご参考としてください。

L型金具:タンスや本棚の固定器具

L型金具をみたことがありますか?これは、家具と壁を木ネジ、ボルトで固定するものです。スライド式、上向き、下向き取り付け式がありますが、下向け取り付け式が地震の揺れに耐え、強度が優れています。ただし、壁にネジ穴をあけるので、取り付ける際に慎重に行ってください。

ポール式器具(突っ張り棒):タンスや本棚の家具類に

突っ張り棒は、よく見かけますよね。L型金具とは違って、ネジ止することなく家具と天井の隙間に設置することで家具を固定させます。賃貸住まいの方は、背の高いタンスや本棚はこれで固定するのがオススメです。加えて、粘着マットやストッパーとの組み合わせで揺れに強くなります。

転倒防止ベルト:キャスター付き家具やテレビ・冷蔵庫に

壁とキャスター付きの家具などを繋げ、家具の転倒と移動を防止するためのベルトです。これもあまりみかけませんが、壁にネジ止めするタイプです。ポール式器具と同様に粘着マットやストッパーとの組み合わせで揺れに強くなります。キャスター付きの家具はキャスター下皿を置き、組み合わせて移動防止をすると効果的です(でも、当面の間、移動することがなければ、キャスターは外すことが望ましいです)。

ガラス飛散防止フィルム:ガラス製の扉や窓ガラスに

ガラスが割れても飛び散らないようにするためのフィルムです。窓や家具など、ガラスはお家の中にあるものです。家具の転倒防止対策と合わせて窓ガラスの飛散防止対策もやっておくことはGoodです。

その他:

例えば、粘着性マットです。これは、電子レンジ、プリンター、机といった様々な物に適用できます。マットを敷くだけで簡単で、地震による転倒や移動をある程度は防いでくれます。