防災対策

ハザードマップを利用して地域の危険度を知ろう!

ハザードマップとは、災害被害の軽減や防災対策のため、被害想定区域や避難場所、避難経路などの情報を表示した地図のことです。自分が住んでいる場所の浸水や土砂災害、液状化の危険性などを確認しましょう。

国土交通省が作成した国土交通省ハザードマップポータルサイトから、お住まいの地域がどのような自然災害に見舞われるのか、また、どの程度の危険であるのかを知ることが出来ます。地域の危険度を確認し、ぜひ、防災対策を立てるときに役立てましょう。

例えば、左側の「重ねるハザードマップ」では、洪水、土砂災害、津波のハザードマップを見ることが出来ます。

一方、右側の「わがまちハザードマップ」では、各自治体のホームページで公表しているハザードマップにアクセスします。こちらは、自治体のホームページからより詳細なハザードマップのPDFファイルをダウンロードすることが出来ます。

最近の自治体の中にはスマートフォンのアプリでハザードマップを公開しているところがあります。例えば、東京都では「東京都防災アプリ」(AndroidとiPhoneの両方でダウンロード可能)を公開しており、ハザードマップなどの災害時に役立つコンテンツが搭載されています。「あそぶ」「まなぶ」「つかう」をコンセプトに、楽しみながら防災の基礎知識を得られたり、災害時に役立つコンテンツが搭載されているので住んでいない方にとっても防災の知識をスマートフォンで学べる便利なアプリです。

また、グーグルマップを活用するのも良い手ですね。マップ表示を航空写真にすると地形や街の状態がより鮮明にわかります。近くに大きな川があるのか、山があるのか、海からどれだけはなれているのか、よく分かります。一方で、住宅が密集しているのか、学校、鉄道や道路などの人工物がどこに位置しているのかが簡単に分かりますね。

最後に、防災対策は、過去の災害の教訓をもとに立てられています。過去の洪水や地震などの災害の歴史を学ぶことで、現実感を持った備えが可能になります。近所で昔から住んでいる人に話を聞いたり、書店や図書館で地域の災害の歴史を調べたりしましょう。