防災対策

地震発生!とるべき行動とは?

この記事では、地震が発生したその直後、命を守るための行動について説明します。

冷静にとは言うけど、難しいぞ!

震災を経験した多くの方は、強烈な揺れによって、身体がこわばってしまい、頭が真っ白になったと聞きます。大地震が発生した場合、なかなか冷静さを保つことは難しいです。私も、東北地方太平洋沖地震を体験しましたが、地震直後、机の下に隠れることといった単純な行動でさえ、激しい揺れの中では難しかったことを記憶しています。

テレビ、スマートフォンなどで緊急地震速報があるから冷静に行動できる、と思っている方もいるとは思いますが、例えば、活断層のような直下型地震が近くで発生した場合、速報発信後と同時にいきなり揺れるため、冷静な判断と行動は難しいものです。

学校や会社などで防災訓練があるかと思いますが、揺れてない中、物が散乱していない中での訓練と本番では大違いです。自分自身が考え、自宅・学校・会社の建物にいるとき、電車に乗っているときといった普段の生活の中であらかじめとるべき行動を想定しておくことが重要です。

揺れ始めてから収まるまでの行動

屋内であろうが屋外がであろうが、緊急地震速報を見たら、揺れ始めたら、すぐに自分自身と家族の命を守ることを最優先に行動する。物が落ちてこない・倒れてこない・移動しない場所に隠れるのが鉄則です。揺れが収まるまでは、とにかくケガをしない場所に避難しましょう。

自宅の中の危険

揺れているとき、リビング、寝室、トイレなどの場所によって潜んでいる危険は異なります。場所ごとにどのようなことに気をつけなければならないか、見ていきましょう。

リビング・キッチン

リビングでは、背の高い家具の下敷きになること、窓や照明器具などのガラスの飛散によるケガに注意すること。キッチンでは、冷蔵庫や電子レンジなどの大きく重い家電、棚からの物の飛び出しなどにも注意が必要。

寝室

窓ガラスの飛散や照明器具などの落下を避けるため、枕や布団などで頭を保護しましょう。また、スタンドや鏡台などが倒れてこない位置に移動すること。メガネは、日頃からケースに入れてから寝るようにすれば、破損を防ぐことができます。

2階

耐震基準を満たしていない古い木造家屋は倒壊する危険があります。急いで1階に下りないこと。耐震基準を満たしていない建物は、外に脱出すべきか状況を見て判断します。

トイレ・浴室

ドアが壊れて開かない場合があります。揺れを感じたら閉じ込められないようドアを開けておきましょう。すぐ逃げられるように廊下や玄関など、より安全な場所に移動します。浴室は、裸でいるため、ケガをしやすい場所です。鏡や電球などのガラス類の飛散から体を守るため、洗面器などを頭にかぶり、すぐに浴室から出て安全な場所に移動します。

停電した場合
夜であれば真っ暗。寝室などに懐中電灯を用意しておけば、暗闇の中でも安全に移動が可能(スマートフォンのライトを懐中電灯の代わりにするもの手)。また、停電時に自動で点灯する市販の保安灯を備え付けておくのもGood。

ガラスが床に飛散している場合
床に散乱したガラスなどの破片を踏むと、ケガをして歩けなくなることがあります。これを避けるため、靴あるいはスリッパを履いて安全な場所に移動します。

閉じ込められた場合
身動きできなくなった場合、人が近くにいる場合は大声を出して助けを求めましょう。人がいない場合、体力を消耗するため、硬い物でドアや壁をたたいたり、大きな音を出して自分が室内にいることを知らせます。ツイッターなどのSNSを活用して閉じ込められていることを知らせましょう。

 

外出先の危険

学校、オフィス、電車などの場所によって潜んでいる危険は異なります。また、外出先では多くの人々がいるところで地震が発生すると恐怖が伝染し、いっきにパニックなる可能性があります。パニックにならないよう、場所ごとにどのようなことに気をつけなければならないか、自宅と同様に見ていきましょう。

オフィス

コピー機・キャビネットは固定していないと、思わぬ方向に移動します。体に当たると、ケガの原因になります。また、窓ガラスの破片などが頭を直撃すると、命を落とす危険もあります。キャビネットの転倒や飛散するガラスに注意しながら、揺れが収まって避難する場合、余震や停電でエレベーターが停止するおそれがあるので、階段を使いましょう。

学校

教室の中では、窓ガラスの破片や照明器具の落下を防ぐため、窓から離れ、机の下に隠れましょう。廊下では、すぐに窓から離れ、階段では、転げ落ちないよう手すりにつかまります。揺れが収まったら、先生の指示に従って行動しましょう。

繁華街

繁華街の街中にいる場合、そうそう都合よく公園などの広場はありません。落下物から身を守るため、できるだけ耐震性の高い鉄筋コンクリートのビルの中に逃げましょう。運良く公園や学校などの開けた場所の近くにいる場合は、そこに避難しましょう。

地下街

天井の落下や停電により、多くの人がパニックになる可能性があります。非常口に殺到するとケガをする危険があるので、落ち着いて落下物から身を守り、柱や壁のそばで揺れが収まるのを待ちます。

スーパーや劇場など

百貨店・スーパーでは、商品の散乱などに注意して、階段の踊り場や柱の近くに避難しましょう。大勢の人が集まる劇場・ホール・スタジアムなどの施設では、あわてて非常口や階段に駆け寄らず、館内放送や係員の指示に従います。

高層ビル

長い周期の揺れを発生させるプレート間地震では、上の階ほど大きく揺れます。ビル内にいたら、エレベーターホールなどの開けた場所で姿勢を低くして揺れが収まるのを待ちましょう。また、エレベーターの中で揺れを感じたら、すべての階の行先ボタンを押し、止まった階でおります。閉じ込められたらインターホンで連絡します。あわてずに館内放送の指示に従いましょう。

山間地

ハイキングなどで山にいる場合は、土砂崩れで生き埋めになるおそれがあるので、速やかに斜面や崖から離れます。余震や降雨などで土砂災害の危険が高まるので注意しましょう。

海岸線付近

津波が発生する場合があるため、すぐに高台に避難しましょう。高台がないときは、津波避難タワーなどに避難します。海岸には、早くて数分で高い津波が到達する危険があります。

ホームから線路には絶対におりてはいけません。ホームから転落しないようにホーム中央に移動しましょう。混雑して身動きがとれないときは、うずくまって揺れが収まるのを待ちます。地下鉄の場合、いち早く地上に出ようとしてパニックになる危険があります。揺れが収まったら駅員の指示に従います。

電車内

強い揺れを感知すると電車は緊急停車するため、人に衝突したり倒れる危険があります。座っていたらカバンなどで頭を保護しましょう。立っているときは姿勢を低くして身を守りましょう。満員電車では、手すりやつり革にしっかりつかまり、足を踏ん張って倒れないようにしましょう。揺れが収まったら、乗務員の指示に従います。

空港

首都直下地震が発生しても建物の倒壊などの被害はないと予想されていますが、ガラスや天井部材などの落下に備えて注意しましょう。

急にスピードを落とすと衝突の危険があるため、ハザードランプを点灯して徐々に減速しましょう。道路左側に止めてエンジンを切り、揺れが収まるまで待機します。可能であれば駐車場または広場に移動しましょう。また、緊急車両通行時に車を移動できるように、車のキーは付けたまま、ドアロックをせず、連絡先メモを残し、貴重品や車検証を持って車から離れましょう。

特に車では、一般道路だけでなく、高速道路や橋などを走行中に注意すべきことがあるので覚えておきましょう!

高速道路
他の車などに衝突するのを避けるため、徐々にスピードを落として道路の左側に停車。通行止めになる可能性もあります。ラジオなどで状況を確認しましょう。

橋梁・高架
古い橋は、損壊のおそれがあり、橋を渡り終える付近であれば減速して渡ります。橋梁や高架は、それぞれ揺れ方が異なるので、徐々に減速して左側に停車します。

トンネル
天井や壁面崩落の危険があるので、前方出口が見通せれば低速でトンネルを抜けます。長いトンネル内の場合は、左側に寄せて停車し、キーを付けたままで非常口から脱出します。

揺れが収まってからの行動

揺れが収まってからあわてずに行動する。あわてて外に出ると、転倒・落下物やガラス破片などによるケガのもとです。まずは、火元や出口の確認などを行いましょう。また、揺れが収まってもしてはいけない行動もあります。一緒に見ていきましょう。

火元を確認する

火を使っているときは、揺れが収まってから、あわてずに火の始末をします。出火したら、落ちついて初期消火に当たります。

出口を確保する

火を使っているときは、揺れが収まってから、あわてずに火の始末をします。出火したら、落ちついて初期消火に当たります。

ガラスや塀から離れる

屋外にいたら、瓦の落下、ガラス破片の飛散によるケガ、ブロック塀などが崩れて押しつぶされることがあるので近づかないこと。

揺れが収まった後のNG行動

  • ガスに引火して爆発する危険があるので、火をつけない。
  • 火災の危険があるので、ブレーカーを上げて通電させない。
  • 火災や爆発の危険があるので、電気のスイッチに触らない。
  • 閉じ込められる危険があるので、エレベーターは、使わない。
  • 電話回線がパンクするので、はっさい直後に不要不急の電話の使用を控える。
  • ケガをする危険があるので、部屋の中を裸足で歩かない。
  • ケガをする危険があるので、救出活動は、ひとりではなく複数で行う。
  • 緊急車両の通行の妨げになるので、避難に車は使わない。